冬の辛さに打ち勝つ|乾燥肌に悩まない保湿対策法

ウーマン

保湿でトラブル対策

美容液

高浸透で高保湿

乾燥肌化粧水は、高浸透、高保湿の製品が増えています。それは技術の進歩に伴い、しっかりと必要なところに成分を届けられるようになったからです。乾燥肌にたっぷりの化粧水を使うというのも良いのですが、必要なところに必要なものが届かないと思うような効果が得られません。安い化粧水を沢山使ってそのままにしておくと、水分が気化するときに肌の潤いまで奪っていき、かえって乾燥が悪化する恐れもあります。ですので、安い物をたくさん使うという考え方もありますが、高くてもしっかり肌に浸透してくれる効果の高い化粧水を選ぶという方法もあります。どちらが自分の肌に合うのか、慎重に検討しましょう。

肌に潤いを留める

乾燥肌化粧水を使ってしっかり肌に潤いを留めるためには、肌のバリア機能を回復させるような成分を活用するとよいです。肌のバリア機能は、セラミドなどを補うことにより回復させていくことができます。セラミドは、角質細胞の間を埋めている角質細胞間脂質のことです。セラミドなら低刺激ですし、コラーゲンの生成を促してハリを強化してくれます。また、ナノセラミドやヒトガタセラミドなど、乾燥肌にしっかり役立つ成分が配合された化粧水を選ぶことで乾燥肌を効果的にカバーできます。そして化粧水だけでなく、クリームや乳液なども、セラミド配合のものを使用するとより効果的です。自分の肌に合うセラミド配合の化粧水や乳液、クリームなどを活用して、潤いを留めておける肌を目指すとよいでしょう。